カラコンを装着していると、いきなり痛みが走ったり違和感を感じたりすることがあります。

痛みの原因として一番考えられるのは、ゴミが入ったということでしょう。

裸眼の状態で目にゴミが入っても痛いのですが、カラコンを装着している状態でゴミが入るとさらに激痛を伴います。

涙がどんどん出てきたりしますので、痛みを感じたらすぐにカラコンを外して下さい。

ゴミは必ずしも目に見えるものとは限りません。

小さな粒子のゴミが付着していても痛みを感じます。

特に外出時、風の強い時などは目にゴミが入りやすいので、常にケア用品を持ち歩くようにしておくといいでしょう。


その他にも、コンタクトの向きが逆ということも考えられます。

カラコンには向きがあり、おわん形になっているのが表、裏を向いているとカラコンの端が外側に沿っている状態になっています。

裏の状態で装着すると、違和感を感じたり痛みを感じることがありますので、向きもしっかりと確認して下さい。


また、カラコンはソフトレンズなので雑に扱うと破れてしまいます。

目の中に入れていて、いつの間にか破れていたなんてこともありますので、コンタクトが破れていないかも確認しましょう。

端っこが少しでもかけていたりしたら破れているということなので使用しないで下さい。