カラコンをしていて、ずれてくるということは何かしらの原因があることをご存知でしょうか。

一般的にカラコンがずれるというのは、コンタクトの表裏が逆だったり、乾燥が原因だと言われています。


カラコンには表と裏があり、わかりづらいのですが正しい向きで入れないと目に違和感を感じたり、ずれてくることがあります。

また、長時間装着していると、だんだんと乾燥してきてずれたまま眼球にくっついてしまったりすることもありますので、こまめに目薬をささなくてはいけません。


他にもベースカーブがあっていないのも理由としてあげられます。

人の目はそれぞれ作りが違いますので、ベースカーブがあっていないとゴロゴロと動いてしまいます。

通販で売られているカラコンは大体同じぐらいのベースカーブばかりですが、メーカーによっては結構違っていたりします。

表裏もあっていて目薬をさしている、それでもずれてしまうのはベースカーブがあっていなかったり、コンタクトとの相性が悪いのが原因です。


カラコンは、ベースカーブだけでなく厚みや形状もそれぞれ違っていますので、自分に何が合うのかというのは、つけてみるのが手っ取り早いでしょう。

確実なのは、眼科に行って自身の目のデータを教えてもらうことです。

ずれるものを無理につけるのは絶対にやめましょう。