カラコンをつけていて、目がゴロゴロするということがよくあります。

一般的には、ゴミが入っているという可能性があるのですが、
ベースカーブが合っていない、コンタクトが自分の目に合っていないということもありえます。


よく「カラコンのゴロツキは気になりませんでした。」というカラコンのレビューを見かけますが、メーカーによってゴロツキを感じたりするものもあるのですが、どちらかというと人それぞれで、他の人には合わないコンタクトは自分には違和感を感じない、ということがあって当たり前なのです。


カラコンを装着していてゴロツキを感じたら、まずは一度取り出しましょう。

そのまま目に入れておくと瞳を傷つける原因になってしまいます。

そして、カラコンを一度洗浄して下さい。

この時水道水で洗浄してはいけません。

水道水には、アカントアメーバという微生物が混じっていますので、カラコンを水道水であ洗ってしまうと、アカントアメーバを付着させた状態で目に入れてしまうことになります。


洗浄した後は、カラコンの向きを確認しましょう。

表と裏の向きはちゃんとあっているか、向きが違うとゴロツキを感じることがあります。

それらを確認した上でまだゴロツキを感じる場合は、目に合っていないので使用を中止して下さい。


違和感を感じるのに無理な装着は危険ですので絶対にやめましょう。