カラコンに限らずコンタクトというのは、使用時間が決められています。

一般的なコンタクトは14時間ほどつけていても大丈夫なのもが多いのですが、カラコンは大体8時間が限度とされています。

これはカラコンが通常のコンタクトよりも目に良くないということなのです。


ただし、この装着時間というのは最終的には8時間までならOKというだけであり、初めてコンタクトをつける方が初日から8時間つけることはあまり良いことではありません。

通常コンタクトを使用する場合、まず初日は4時間程度装着して、目に慣らせる必要があります。

そして徐々に時間を長くしていき、最終的には8時間まではつけていられる、という状態になるのです。


カラコンの装着時間を過ぎても装着していると目のトラブルを起こしてしまいます。

カラコンをしていると、目に酸素が行き渡りにくくなり、酸欠状態になってしまいます。

そうすることで、角膜が弱っていき、傷つきやすくなったり充血したりという炎症がおこります。

長時間コンタクトを装着する場合は、目薬などで乾燥を防ぎ、最大でも8時間までの装着にしておきましょう。


カラコンを購入すると注意書きにも使用時間について記載されていますので、必ず守って使用してくださいね。