カラコンには「直径」と「着色直径」という言葉が使われています。

着色直径とはその名の通り「色のついている部分の直径」のことを言います。

カラコンは色がついていない透明の部分もありますが、この着色直径が大きな目を作るための大きな違いとなってくるのです。


日本人の黒目は約12.5mmほどだと言われています。

最近では14.0mmはごく一般的で、盛れるカラコンと言われているのは14.5mm以上をさしていることがほとんどです。

当然数字が大きくなればなるほど目の白い部分が少なくなるので、黒目が大きく見えるのですが、自分の目の大きさにあったものを着用しないと、不自然になってしまいます。


カワイイ目元を作るつもりが、
黒目率が高すぎて逆に怖い目になってしまうこともありえるのです。


また、可愛くみせたいがために無理して15.0mmなどをはめると、目が痛くなったり傷ついたりする原因になります。


カラコンを選ぶ際は、一度色んなサイズを試してみて自分の目に合うものを見つけるか、眼科に行って相談するようにしましょう。

カラコンは今やメイクの一部として利用されていますが、目の中というのは非常にデリケートです。

カラコンのサイズはつけ心地などにも関わってきますので、吟味して自分にあったコンタクトを着用するようにしましょう。